【GMID2021】日本から世界へ発信!
A Sense of Urgency, Hope on April 8 for Global Meetings Industry Day
詳細はこちら


Hello‼︎ Member 【会員紹介】‐新潟 編-
長沼茂夫さん 株式会社ディモルギア
詳細はこちら

 

 

長沼茂夫さん | Hello‼︎ Member ‐新潟 編-

ディもルギア

By: MPI Japan | 3 1, 2021

こんにちは!株式会社ディモルギアの長沼茂夫と申します。このたびは会員紹介の機会をいただきありがとうございます。1955(昭和30)年10月、新潟県佐渡島生まれ。父の仕事の関係で3歳のころに新潟市へ転居。65歳。てんびん座のB型です。

大学時代に音楽と自転車にはまり、プロダクションと契約し食えない音楽生活へ突入。東京から北海道まで自転車の旅に出かけたりと、決してまともとは言えない学生生活を送っていました。思うところがあり大学を中退。学費を出してくれた親に大変申し訳ない思いは今もあり悔いが残るところです。しかし今の仕事の土台はこの時期に培われ、私にとっては貴重な時期でした。(ほんとうに身勝手な話です…。)

そして32歳の若造がアド・メディック(現ディモルギア前身会社)を起業し現在に至ります。

■会社紹介

画像1
当社は新潟市と東京湯島に拠点をおく、ディレクター・デザイナー等のクリエイターばかり30名ほど集まった会社です。業務はブランディング・MICEを主軸に、WEB、映像、採用支援、グラフィックデザイン、編集などを行っている会社です。スタッフは人柄も技術的にもほんとうにすばらしい自慢のメンバーが揃っています。

社名の「ディモルギア」の意味をよく聞かれるのでご紹介しますと、「創造」という意味のギリシャ語です。まさにクリエイティブな会社として新たなスタイルでスタートいたしました。

https://dimiourgia.jp/

会社沿革

1989年6月 有限会社アド・メディックを設立
2007年7月 株式会社に商号変更
2020年4月 株式会社タカヨシ(新潟市に100年続く老舗印刷会社)の企画部門を独立分社し、株式会社ディモルギア設立。
2020年9月 アド・メディックのタカヨシグループ編入に伴い、アド・メディックとディモルギアが合併

前身のアド・メディックでは、イベント・コンベンションを主業務として、とりわけ学会業務では新潟県のトップシェアでした。M&Aにより互いの技術、ノウハウを活かしながら、徹底的な顧客視点に立ったサービス、地域、地場産業のソリューションカンパニーとしてあたらしい価値観を創造し、社会、地域づくりに貢献したいと考えています。

■MICE取り組み事例

自社企画「ライス・エキスポ・ジャパン」

米の未来博~新潟から世界へ発信~として、「米王国・新潟」「食文化創造都市 新潟」らしく、米に特化した見本市「ライス・エキスポ・ジャパン」新潟開催を企画。先ずは2017年を皮切りに米に関する最先端情報を発信するアカデミックなセミナーを3年連続で開催していました。残念ながら昨年からのコロナ禍により、2020年に予定していた見本市も開催を断念。「米の消費拡大」を目的に現在新たなスタイルを企画準備中です。
 

豪雪地の自然&文化を体験ツアー

外国人に豪雪地の自然や文化を体験してもらうモニターツアーとして「豪雪体験in新潟」を上越市大島区で開催。ツアーは日本文化をPRする政府キャンペーン「日本博」を活用した事業の一環で、留学生をはじめ様々な国籍の方が参加いただきました。参加者は、かんじきやかさ、みのといった雪国の装具についての説明を受けた後、実際に3m近い積雪の中、かんじきを履いて動物の足跡の残る雪原を散策。また、山菜をふんだんに使った郷土料理や、昔ながらのいろりで焼いたもちを味わったり、瞽女(ごぜ)唄にも耳を傾け、雪国の衣食住や文化を五感で堪能していました。

 

都市型産直市場での貸切懇親会