7月30日は人身売買対策の日 MPI人身売買対策委員会が意識向上の取組み
MPI人身売買対策委員会がイベント業界内での意識向上へ取組みをスタート。日本では無縁でも、グローバル視点では大切な社会課題です。
記事はこちら


CMP受験を考えている方への朗報です!
リモートでの受験、また受験の通年化など、CMP試験を受けるための新しいオプションを発表しました。
CMP情報はこちら

 

 

通常総会をオンラインで開催

106985157_564724230821955_9134909294140497621_n

By: MPI Japan | 7 8, 2020

MPI Japan Chapterは、2020年7月3日に2019/2020通常総会をオンラインで開催。
全ての議案について慎重審議され、いずれも承認されました。

●なお2020/2021の役員/委員会及び事務局体制は以下の通りです。

役員/委員会人事


Honorary Counselor 
David Kliman,CMP, CMM
MPI Japan Chapter aアンバサダー         
川島 久男
MPI Japan Chapter 名誉会長
山本 牧子


MPI Japan Chapter 理事


会長                                                               保坂 恵子
次期会長                                                     岡村 篤
前会長                                                          安田 弓


副会長 教育担当理事                                坂本 和也
副会長 メンバーシップ担当理事        菅 優子
副会長 広報担当理事                                近藤 チカ
監査役                                                           関 敦


2020-2021 MPI Japan Chapter役員


教育委員                委員長                    坂本 和也
                                    委員                          金井 大三
                                    委員                           田中 裕一

メンバーシップ   委員長                     菅 優子
                                     委員                           荻 麻里子
                                     委員                           田中 正之

広報                         委員長                       近藤 チカ
                                    委員                           田中 力 
                                    委員                           西田 美樹

財務                          監査役                      関 敦

事務局                     事務局長                  大谷 仁美
                                     事務局                       浅井 久乃


●2020-2021年度の主要活動計画は以下の通りです。
(2020年7月1日~2021年6月30日)

1. メンバーシップ
・会員満足度 60.1以上 
・セミナー運営時などに役員以外からボランティアを募り、全会員にMPIに対する理解を深めていただき、また今後の改善、向上の機会を増やす。 
・地域会員の活動へのフォーカス:教育委員会とコラボして地域の活動への認知を広める。
・会員保持率 70.1以上 * • MPIジャパンメンバーシップの対象業界を、新しい分野に拡大する。例:IT業界、教育業界、協会など。
・Exit Surveyの実施:率直な意見を聞き、組織をより魅力的にする。
・メンバー同士のリレーションシップのメンテナンス:新会員へのオリエンテーション等。

2.教育
・コンテンツ満足度 4.22以上 
・地域会員の活性化:地域会員主催で年4回の座談会開催し、話題提供、相互通行のコミュニ
ケーションをする。会員の紹介があれば、非会員参加を可能としMPIの活動理解の機会を
増やす。 
・年4回の公式セミナー開催:会員と非会員の差別化(有料無料、発言権等検討) テーマを絞って行う(予定テーマ:海外との比較、MICE事例、テクノロジー、CMP等) (今年は先行き不透明のため、細かく絞らずにタイムリーな話題にする)

3. 広報
コミュニティプレゼンスの増強
・SNS利用の強化:会員専用FBの利用目標60%(現在44%)、全国の会員の情報交換の奨励。 *
・公式FBの「いいね」の数の増加:グローバルメッセージの有効利用。HPへの誘導。
・HPの改良:「会員紹介」ページの新設、スポンサーシップ広告の活用。

4. 財務
・ 純利益/財政の持続可能性:1.1%
・ 固定年間運営費の2%としての引当金:目標の50.1-100%
・チャプター会員費の割引を実施し、会員が新しい会員を更新および勧誘できるようにする。
・ 企業スポンサープログラムの構築:教育、Webバナー、助成金などのさまざまなタイプの
スポンサーシッププログラムの提案。
・経費削減

5. リーダーシップ
・ 国内他MICE団体とのコラボ * • 重複しているセミナーなどの集約、協働。問題、目標などの連携
・地域会員ネットワークの拡大
・現在会員のいない都道府県から3県のリクルート、地域会員ネットワークの活性化。 ・メンバーシップ会員保持率の維持
・MPIのベネフィットのPR,および新規会員へのオリエンテーションサポート。
 

Author

PersonPlaceholder
MPI Japan

 
もっとコメントを読み込む
avatar
新しいコード